営業さんが超おすすめしてた制震装置ミライエ(MIRAIE)って何?実際に取り付けてみた | 【エクアド】アドセンスブログ広告最適化ノウハウ

営業さんが超おすすめしてた制震装置ミライエ(MIRAIE)って何?実際に取り付けてみた

目安時間:約 7分
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

私たちが買った土地を紹介してくれた不動産の営業さんMさん。

 

Mさんは寡黙で紳士的な人だったんですが、この人の口調が大きく変わったのが「ミライエ(MIRAIE)」の話をしたとき。

あの熊本地震で周りの家が倒壊している中、このミライエを搭載していた家はびくともしなかったんですよ!家の中のものもほとんど倒れなかったみたいで!これ、すごくいいですよ!

とのこと(^^;)

 

このミライエ(MIRAIE)って何かというと、住友ゴムが作っている住宅用制震ダンパーのこと。

 

といってもよくわからないですが、超素人の私の認識では「地震の揺れを抑えてくれる機械」のことです( ̄ー ̄)

 

具体的にどんな装置なの?というのを改めて公式サイトで調べてみました!

住友ゴムの住宅用制震ダンパー「ミライエ」とは?

ミライエを取り扱っている住友ゴム工業さんのホームページを見てみるとこんな説明が。

住む人の安全と大切な住まいを守るため、 地震の揺れを最大で95%低減する木造住宅用制震ダンパーです

住友ゴム工業株式会社

 

正直難しいことはよく分からないんですが(笑)、簡単に言うとこの装置が地震のエネルギーを吸収してくれて、お家が大きく揺れないようにする装置のことのようです。

 

うちの場合は平米数が32㎡(9.7坪)の狭いお家なんですが、そういった小さいおうちにも取り付けることができます。

うちの場合はちょうど1階の家の真ん中にトイレがあるんですが、その周りに二つのミライエを設置したと言っていました。

間取り図で見てみるとホントちっちゃい!

こんな狭いところに二つ設置するだけでお家全体が地震に揺れにくくなるらしいですよ~^^

実際に経験したことはないけど、すごいなと思いました♪

ミライエの値段

ちなみにうちの場合、ミライエでかかった値段は50万円。

「一式50万円と書いてあって、2つで一式になるのかはよくわからないですが、そんな感じらしいです(^^;)

すみません、あいまいで・・・><

90年間メンテナンスフリー

ミライエは耐久性に優れたゴムなので、90年メンテナンスフリーらしいです。

 

(でも、90年経ったらどうすればいいんだろ(^^;)調査中。)

このミライエで使われているゴムは高減衰ゴム(こうげんすいごむ)というそうで、温度変化や紫外線に強く、約90年経っても性能がほとんど変わらないゴムだそうです。

なんだかよくわからないけどすごいです(@_@;)

 

ちなみに耐震基準が2000年に新しく改定されたようですがこの基準では「震度6強の大きな地震が起きても一回では倒壊しないように」という基準があるそうです。

となると、普通の耐震基準を満たしているだけでは、2回目以降に来る余震には耐えられない可能性があるようです。

 

でもミライエはホームページによると、震度6強の揺れを連続で5回与えても大丈夫だったそう!

なんだかよくわからないけどすごい(笑)

 

さらにある実験ではミライエをつけた建物とミライエをつけていない建物に震度7強の地震の揺れを連続で与えたところ、装着してない方は630.2mm(63cm)動いてしまったけど、装着してあった方は31.1mm(3.1cm)しか動かなかったそうです。

 

※参考:揺れ幅が最大95%も抑えられたという実験

 

あと熊本地震では耐震等級3という高い耐震基準を満たした木造建築物もかなりの被害があったようですがミライエをつけた自宅はほとんど物が倒れたりすることなく、ほとんど地震の影響を受けなかったようです。

地震は起こるたびに建物にダメージを残していってしまうようですがミライエは地震のたびに揺れを吸収して抑えてくれるので、家が長持ちするらしいですよ。

あと10年後ちゃんと生き残っているか・・・楽しみにしてます( `・ω・´)!

建物の地震対策は全部で3つ

ちなみに建物の地震対策には3つの種類があります。

  • 1,制震
  • 2,耐震
  • 3,免震

ミライエの費用は比較的安い

このミライエの場合は1つめの「制震」対策。

簡単にいうと、建物に伝わった揺れを装置が吸収してくれて、建物を揺れにくくするという仕組みです。

 

2つめの「耐震」とは建物が地震の揺れを受け止めて地震に耐えるという構造。

3つめの「免震」は建物と地面を切り離して地面からの揺れが建物に伝わらないようにする構造です。

ちなみに免震構造はこの説明のとおり、かなり大掛かりな工事が必要になるので、費用はかなり高額になる場合が多いそうです。

あるサイトで調べてみると免震構造は200万円以上はかかるらしい…

我が家のミライエの50万円と比べるとかなり高いですね・・・(*_*)

地震保険

地震でお家の物が壊れたり建物が一部倒壊したとしても地震保険があるからいいやと思いがちですが、地震保険で補償されるのはたったの半分の金額だけだそうですというのも地震は大きな範囲で起こるので全額保証するとなると保険会社が 赤字になってしまう可能性があるからだそうですなので そもそも地震で被害を出さないというのがとっても大事不要なお金を払う必要がなくなるのはいいですよね。

地震保険の保険料が節約できる家の場合はですが建物が625万円家財が250万円で地震保険の1年間の保険料は15768円でしたこれは A かけられる金額の最高額だったんですが未来へを搭載しているのであれば地震保険は外してもいいかもしれませんしかける保険金額ももっと低くても良かったかもしれませんなので未来を搭載することで年間16000円ぐらいが節約するようになります

地震保険は安くならない

ただミライエは地震保険割引の対象外になっています。

地震保険割引をまとめると以下のとおりです。

 

  • 耐震等級3級:50%割引
  • 耐震等級2級:30%割引
  • 耐震等級1級:10%割引
  • 免震建築物:50%割引
  • 耐震診断割引:10%割引

さいごに

ミライエの値段はちょうど50万円。

Yahoo知恵袋とかを見ていると「家自体が耐震構造じゃないと意味ないのでそっちにお金をかけるべき」という意見も目にしました。

でも、もうつけちゃった(^^;)

ホームページとかを見るといいこと書いてあるし、youtubeでもすごい映像流れてるし。

これはもう結果論でしか無いのかも。

(地震起きるな!)

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: