ニトリのバターケースを使ってみた!トーストがメッチャウマい!人生損してたw | 【エクアド】アドセンスブログ広告最適化ノウハウ

ニトリのバターケースを使ってみた!トーストがメッチャウマい!人生損してたw

目安時間:約 8分
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

ずっとずっと気になっていたバターを一瞬で切れるというバターケースを購入してみました!

使ってみた率直な感想は

  • 使いやすい
  • バターがうまい
  • 毎日の食パンがうまい

っていう感じ(笑)

 

とにかくバターって香りがいいんですね~♪

今までお菓子作りにしか使ってなかったんだけど、もっと早くパンにも塗ればよかった・・・。

 

切っちゃえばあとは1個ずつとってパンに塗り塗りすればいいので楽だし(≧▽≦)

でもちょっとしたデメリットもあったり、使い方にコツが必要だったりするのでいろいろお話ししたいと思います。

バターケースの特徴 先どりまとめ
  • バターの香りがとってもいい!美味しい!
  • 簡単に1回サイズにカットできる!
  • でも食洗機は使えない
  • バターを切る時にふたがめっちゃ汚れる
  • バターナイフの取っ手を出しておける部分がない

ニトリのバターケースを買ってみた!

今回購入したのがこのカットできちゃうバターケース。

曙産業というところが作っているものですが、買ったのはニトリです。

 

これを使うとバターがいい感じの大きさにカットされるのでパンに塗る時に楽なんですよ~(≧▽≦)

その大きさは

  • 200gのバターの場合一切れの重さは約5g
  • 150 G のバターの場合は一切れの重さが13.7g

 

うちの食パンは子供が8枚切り、大人が6枚切りを使ってますが、5gのバターを使うと8枚切りだとチョット余る感じ。6枚切りでちょうどいい量です。

ニトリのバターケースの使い方

使い方は箱にこんなふうに箱にも書いてあります。

  1. バター置く
  2. 蓋で押す
  3. 切れる

 

のたったの3ステップですが、ちょっと注意しなきゃいけないところもあるので、その部分も一緒にお伝えできればとおもいます。

 

バターケースのパーツは3つ。

  • 透明のバター入れ
  • 黄色のバターをカットする部分
  • 白のふた

 

今回買ったバターはこのトップバリュの北海道バター。

私の大好きなイオンで購入しました。

重さは200gなので、1切れ5gに切れる予定です。((o(´∀`)o))ワクワク♪

 

最初に使うのが透明の入れ物の上と黄色の部品(編み編み)。透明の入れ物の上に編みをのせ、その上にバターをどーんとのせます。

どーーん。

 

そしたら上から白い蓋を重ねて上からぎゅーっと押します。

片手じゃ押しにくいので両手でね。

 

バターにスーッと金具は入っていくんですが、切れたあとが問題。

編み編みからすぐにバターが落ちません(>_<)

あれ??途中で止まっちゃってる(笑)

 

バターがベタベタしてるからあみにくっついてるみたい。

白い蓋をはずして手で押してあげて透明なケースに落としました。

おお~切れた♪すごい♪

感動(*^^*)

ちゃんとg数も5gになってました!

・・・でも、ちょっとだけデメリットと言うか気になる点もあったのでその点についてお話しますね。

ニトリバターケースのデメリット

食洗機が使えない

このバターケースは食洗機NGとなってます。

でも、使った金具を手で洗うのが面倒でつい食洗機使っちゃいました(^^;)

ピッカピカになったけど自己責任で・・・m(_ _)m

ふたがメッチャ汚れる・・・

バターを切る時に蓋でぎゅーっと押すことになるので、ふたが結構汚れてます・・・

ショック・・・(*_*)

(ベタついて洗うの大変そう(泣…)

私は見て見ぬふりをしてそのままふたを閉じました。

バターナイフの取っ手が出るところがない

マーガリンのケースだと端っこの方にバターナイフの取っ手だけ出しておける部分(へこみ?)があるんですが、この入れ物にはバターナイフの取っ手を外に出しておくような凹み部分がありません。

 

なのでバターの上に直でナイフを入れる感じになります。

でもこうするとご存知のとおり、ナイフの取っ手がすごい汚れますよね・・・(*_*)

 

「どうしよう・・・」と悩んだ結果、私はラップをバターの上に乗っけて、その上にバターナイフを乗せることにしました

うん♪これならバターナイフが汚れない♪

バターが硬すぎる

バターケースのデメリットと言うかバターのデメリットなんですが、バターは冷蔵庫から出してすぐ切ろうとすると、硬くて全然切れません(>_<)

カッチカチです!カッチカチ!

 

注意書きのところにも書いてあるんですが、常温で30分から60分放置してから切ると良いそう。

11月に使ったのでうちは1時間常温で放置してからカットに踏み切りました。

そうするとこんなかんじですーっと金具が入っていきます。

途中まで切ってみた。

バターでトーストを食べる幸せ

私、バターってお菓子作りでしか使ったことがなかったんですが、トーストに乗せるとすごいバターのいい香りがしますね(*´艸`*)

マーガリンではこんなにいい香りしません。

今まで何か何千枚もトースト食べてきましたがずっとマーガリンを使ってたので、ずーっと損していた気がします(笑)

バターって溶けにくいんだね…

そんな美味しいバターなんですがチョット欠点が。

バターはマーガリンと違ってすごく硬いので、焼きたてのパンに乗せてもなかなか溶けません。

↑この写真のバターもあんまり溶けてない。。

 

箱には「とけやすい」って書いてありますけどね・・・

(バター自体が溶けにくいヨ)

 

最初力づくで塗ろうとしたらパンがつぶれました(笑)

 

なので今はトースターでパンを焼いている途中で「あと30秒ぐらいで焼ける~」ってなったくらいのタイミングでバターをパンに乗せてバターを少し溶かす作戦をとってます。

これならトースターから出した時にすぐにバターが塗れる♪

(でも溶かしすぎるとパンに染み込みすぎるので注意。)

こんな使い方もできる!

このバターケースを使うとちゃーんと一切れ約5gになるので、お菓子作りとかパン作りの時とか計量が必要なときにとっても楽。

でも150gのバターをこのケースでカットしたときは一切れの重さが13.7gになるので軽量の時には注意しないといけないです。

さいごに

始めて買ってみたトースト用のバターとバターケース!

切る時にちょっとコツがいりますが、パンに塗るときには一個ずつ取ってそのままパンに乗せて塗ればいいのでラックラク♪

ただバターはある程度溶けないととっても硬いので急いでるときはなかなか濡れなくてイライラするかも(笑)

 

バターって高いから今まで使ったことがなかったんですけど、子供が生まれてからちょっと体に気を使おうと思うようになりました。

前に整体に行った時にそこの先生が「マーガリン食べてるなんてプラスチック食べているようなもんだ」というのがすごく気にかかってたのもあります(^^;)

これから「買おうかな~」と迷っている人の参考になりましたらうれしいです♪

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: